車の内装と安全運転への配慮

ドライバーは常に安全を心掛ける必要がありますが、しかし中には車の内装が安全運転には向かない車も時として見られます。内装に凝っている女性ドライバーも少なくありませんが、安全運転を意識した範囲に留めなければなりません。
問題として取り上げられるのは、ダッシュボード周辺の整理整頓です。ダッシュボード周辺はドライバーにとって運転中の視野に入る部分であり、そのため安全運転にとって重要性が高いです。しかしながらダッシュボード周辺の装飾に凝るあまりに、安全性の面を疎かにしているドライバーも世の中には少数ながら見られます。本人は大丈夫と認識していても、実際にはダッシュボード上のインテリアによる過度な装飾は、運転中の事故を引き起こすリスクが高いのです。通常の状態では普通に運転が可能であっても、視界が遮られているために歩行者や対向車に気づかず深刻な事故に陥る可能性も否定できません。そのためダッシュボード周辺は、運転前にきちんと視界を確保できているかどうか確認を心掛けるのが望ましいです。
確かに内装を飾る楽しさは車が持つ大きな魅力の一つであり、実際にオリジナリティある内装のカスタムを満喫しているような女性は世の中に大勢います。その一方でドライバーには常に安全運転に配慮する義務が課せられているので、常識の範囲内で車のおしゃれを楽しむことが本人のためでもあります。ダッシュボードに限らず、ドライブ中の視野を妨げるような内装はできるだけ控える事が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP